変わらない出川哲朗をテレビで見た

昔から身体を張った芸人といえば出川哲朗が有名です。彼が「イッテキュー」という番組を付けたら前と変わらない雰囲気でパフォーマンスしてました。

相変わらず肉体を使ったパフォーマンスが得意で10年以上前と変わらないなあと思います。パントマイムをやり切る出川哲朗!

最初はパントマイムするとかいいつつ全然できてない姿がすごく笑えました。でもプロのパントマイムされる外人さんと練習することにより一気にできるようになっててかっこよかったです。

「WHY?」という一言が新しいギャグみたいで パフォーマンス途中でWHY?がナイスタイミングで言われてました。
ロボットのモノマネとか難しいけど出川哲朗がやるとすごく笑えました。首の細かい動き胸の動きがポイントらしいです。

ロボットの声真似は流石に芸人だけありうまいなあ思います。若い女性との絡みも前と変わらない雰囲気で今も演じてる彼は これからも同じように様々な体当たりパフォーマンスするのかなと気になります。声も大きくて聞いてて気持ち良いです。
一括査定

ハンドメイドの魅力やその商品について

私は、ハンドメイド品が好きです。
財布やポーチなどの小物やアクセサリーは、ハンドメイドのものが多いです。
財布やポーチは、ある福祉施設の作業所で作られているものを購入し、アクセサリーはネットのハンドメイドサイトで購入しています。

その福祉施設で作られているポーチは、しっかりとしていて壊れにくくてよいです。
また価格もすごくお手頃で得した気分になります。

ネットのハンドメイドサイトのアクセサリーは、それぞれの作家さんがどのような思いでアクセサリーを作っているか知れたり、商品の情報を細かく記載してくれているので、購入の判断がしやすいです。
また質問があれば、メッセージにて回答ががもらえるところも嬉しいです。

福祉施設の作業所で作られる作品も、ネットのハンドメイドサイトで作られる作品もどちらも心がこもっていて手作りなので、手作りの温かみが感じられて好きです。

私は、とにかくハンドメイド作品にとても興味を持っています。

これからも素敵なハンドメイド作品に出合っていきたいです。
人妻 出会い

これから行う終活の前の準活

終活という言葉を、テレビやその他雑誌などでよく見かけるようになった、今日この頃。
後期高齢まで、まだウン十年位先ではあるが、突発的な事故や、思いもよらない病気など自分の身の回りを考えると、
シニアに片足突っ込んだ程度の状態の自分も、あながち遠い活動ではない。
で、去年早速「終活ノート」なるものを購入し、ちまちま書きしたためている。

同居している娘と、一人暮らしをしている末っ子には、そのことを話しているが、娘曰く
「そんなの書いたって、死んじゃったら書いた通りにしてくれるか、わかんないじゃん」そりゃそうだ。
しかし、だからこうやって、自分の意思表示を書物に残しておくから頼むって、言い残しているんじゃあないですか!
「だいたいさ、そのノートちゃんとどこに置いてあるか知らせてくれなきゃわからないよ」
まあね、、あまりに奥にしまい込んでも見つけてくれなきゃ、書いた意味がない。

ていうか、ノートを書いていると「自分が使っている、パソコンのメールアドレスと、ID,とパスワードを書き込んでください」
うう、、ID?パスワード?ありすぎてわからない。
ああ、まず、自分が使用しているこのパソコン情報を書く必要があるのか。

頭が痛いわ、、終活の前の準備活動が先か、、
これから行う終活の前の準活に、何日いや、何か月かかることやら。